33歳になりました。最近は『小説家になろう』や『ハーメルン』、ツイッターくらいでしか活動できていませんね(滝汗)。
by ru-raa
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
僕の小説に関するリンク
メールアドレス

e5963☆ae.auone-net.jp

送る際には、『☆』の部分を『@』に変えてください。

僕の小説があるサイト

葵せきな先生のファンサイト
ハイツ『リドル』2号館

みんなで作る小説サイト
ルーラーの館

るっぴぃさんのサイト
すき焼のにぢる

篠崎伊織さんのサイト
不思議の国のお祭り事情

『同居人は魔法使い』連載中!
小説家になろう


ミクシィ

現在の主な活動拠点
Twitter

カテゴリ
全体
初めてここへ来た方へ
雑記
小説
創作:ドラクエⅢ二次
創作:座談会
創作:詩
創作:単発物
創作:衝動
創作論
ネタ
バトンなど
感想
彩桜
ホームページ
チャット
アリアンロッド・リプレイ
音楽
イベント
宣伝
ゲーム
人気投票
アクセス解析
未分類
フォロー中のブログ
栄養の無いサプリメント
本当の青い空
細やかな音色を啓してみよう
2000円
金属帝国 ヴェルフェ
ビオラの調べは
水増せ!明るい家族計画!?
BE THERE
現実仮想
特命からくり士Cina
原石のサイコロ
LET‘S GO TO ...
もで~ん
クランポン
イチブイ
リメンの商人の残業
ひだまりへの道。
雪解けのひだまりを。
雪の降る、晴天の花園
空っぽの宝箱
情熱大……楽 (インター...
ごった煮のにぢる
宮澤英夫活用研究
くおんたんの多分華麗なる...
そっちは右です。
朧月希のカレッジアドベンチャー
鳴らないギター
Downtown La ...
にゃーの英会話教室
にゃーの裏話部屋
零れた宝石
黒き隼は何を想う
なぜかはじめたラノベの感...
鹿児島の今日は晴れ。
ファン
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
嵐 コンサート チケット
from 嵐 コンサート チケット
嵐 コンサート チケット
from 嵐 コンサート チケット
テイルズオブシンフォニア..
from テイルズオブシンフォニア ラ..
CDジャケット作成.COM
from CDジャケット作成.COM
激安ノートパソコン、通販..
from 激安ノートパソコン、通販
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『起承転転結』くらいがちょうどいい?

一迅社から刊行されている『FORTUNE ARTERIAL』のアンソロジーVol.1とVol.2を昨日、買ってきました。

うん。やっぱりショートストーリーにはショートストーリーのよさがありますね。個人的には1本だけとはいえ、陽菜のアマアマな話があったのがよかったです。

さて、趣味にひた走るとコメント数が激減する傾向がありますので、ここらで本題に。まあ、激減するほどコメントはもらってないじゃないか、と突っ込まれそうな気もしますが(苦笑)。

アンソロジーのショートストーリーはページ数の都合上か、『起承転結』ではなく『起承結』、あるいは『起転結』で構成されているものが多い気がします。ちなみに前者はアマアマな話に、後者はギャグ話に多いですね。
で、四コマはどうかというと、基本的には『起承転結』なのですが、たまに『起転転結』や『起承承結』、場合によっては『起承転転』である場合すらあります。

そして僕的にはこれ、アリだと思うのですよね。
実際、僕も『短編 マテリアルゴースト』ではそういう構成の話を書いていますし。もちろん狙って。

でもって、これを小説に当てはめたとき、僕の書き方は『起承転結』ではなく『起承転転結』になっていることが多いです。状況(物語の構図)が大きく変わるシーンを意図的にもう一度入れているわけですね。特に長編だと、僕はこの構成を採ることが多いです。
これは、僕が小説を書くときに『読み手を驚かせること』ばかりを狙っているからなのでしょうね。

なんというか、『起承転結』では書いていて個人的に物足りないのですよ。場合によっては『起転転結』にするのもアリなのですが、でもそれだとどうも慌しくなってしまう気もしますし……。

ほら、伏線って『起承転結』の『承』のところでばら撒くものだと思いません? いやまあ、もちろん『起』や『転』のところでも張りますが、一番張りやすい箇所は『承』だ、という意味で。

ともあれ、書き手からしてみても読み手からしてみても、『転』は2回あったほうが面白いんじゃないかな、と思うのですよ。主人公とヒロインが競い合う展開の推理モノなら、ヒロインの語った推理を主人公の推理が打ち破り(これが1回目の『転』)、しかしその主人公の推理にもアラがあることが判明し(2回目の『転』)、最終的には主人公とヒロインがお互いの持っている情報を交換し合うことで真相が判明する(これが『結』)、みたいな展開のほうが、ただ主人公が推理でヒロインに勝つよりも面白くなるんじゃないかな、と。
ほら、こうしたほうが主人公とヒロインの協力という、恋愛の要素を入れる展開にも持っていけますからね。

……って、ヤバッ!
なんかこんなことを書いていたら、普通に執筆したくなってきました。そういう推理モノ。事件の概要もなにひとつ決まっていないというのに(苦笑)。

まあ、なんにせよ。
常にちゃんと伏線を回収しきって、『結』まで書くようにはしたいですね。すっきりしない結末を提示しては、やっぱり読み手にもモヤモヤを残してしまうでしょうし。
それでは。
[PR]
by ru-raa | 2008-08-08 13:35 | 創作論
<< 目指せ! エンターテイナー(?) アクセス解析7月分 >>