33歳になりました。最近は『小説家になろう』や『ハーメルン』、ツイッターくらいでしか活動できていませんね(滝汗)。
by ru-raa
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
僕の小説に関するリンク
メールアドレス

e5963☆ae.auone-net.jp

送る際には、『☆』の部分を『@』に変えてください。

僕の小説があるサイト

葵せきな先生のファンサイト
ハイツ『リドル』2号館

みんなで作る小説サイト
ルーラーの館

るっぴぃさんのサイト
すき焼のにぢる

篠崎伊織さんのサイト
不思議の国のお祭り事情

『同居人は魔法使い』連載中!
小説家になろう


ミクシィ

現在の主な活動拠点
Twitter

カテゴリ
全体
初めてここへ来た方へ
雑記
小説
創作:ドラクエⅢ二次
創作:座談会
創作:詩
創作:単発物
創作:衝動
創作論
ネタ
バトンなど
感想
彩桜
ホームページ
チャット
アリアンロッド・リプレイ
音楽
イベント
宣伝
ゲーム
人気投票
アクセス解析
未分類
フォロー中のブログ
栄養の無いサプリメント
本当の青い空
細やかな音色を啓してみよう
2000円
金属帝国 ヴェルフェ
ビオラの調べは
水増せ!明るい家族計画!?
BE THERE
現実仮想
特命からくり士Cina
原石のサイコロ
LET‘S GO TO ...
もで~ん
クランポン
イチブイ
リメンの商人の残業
ひだまりへの道。
雪解けのひだまりを。
雪の降る、晴天の花園
空っぽの宝箱
情熱大……楽 (2016...
ごった煮のにぢる
宮澤英夫活用研究
くおんたんの多分華麗なる...
そっちは右です。
朧月希のカレッジアドベンチャー
鳴らないギター
Downtown La ...
にゃーの英会話教室
にゃーの裏話部屋
零れた宝石
黒き隼は何を想う
なぜかはじめたラノベの感...
鹿児島の今日は晴れ。
ファン
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
嵐 コンサート チケット
from 嵐 コンサート チケット
嵐 コンサート チケット
from 嵐 コンサート チケット
テイルズオブシンフォニア..
from テイルズオブシンフォニア ラ..
CDジャケット作成.COM
from CDジャケット作成.COM
激安ノートパソコン、通販..
from 激安ノートパソコン、通販
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


18歳未満にこそ読んでほしい18禁作品

一体なにが起こったんだ!?

『小説家になろう』のアクセス解析ページを見て、本気で驚いてしまいました。
だって、ユニークユーザー数(足を運んでくださった方の人数)が61で、PV(見てもらった回数)が303って!
ありえないでしょう! 多すぎですよ! これが作品の完結効果なのか……!?

ちなみに、いままでの最高はユニークが15で、PVが61でした。
つまり、単純計算でもいつもの四倍。PVに至っては五倍弱。
ううむ、完結すれば多少は読んでくれる人が増えるかも、とは思っていましたが、これは本当に予想以上。
カウンター、壊れたんじゃないかなぁ、なんて思ってもしまいましたよ。

さて、ここから本題。
今回はタイトルがめちゃくちゃ矛盾しています。
だって、18禁というのは、(精神的な成熟具合が)18歳未満の人が読んだらその精神に悪影響を及ぼす危険があるため、読ませるべきではない、とされている作品のことを指すわけですから。
でも僕は、割と本気でこう思っています。
とりあえず、純愛作品であるのなら、18歳未満の子供が読むのはマイナスではなく、むしろプラスになるのでは、と。

まず、単純に美しいんですね、純愛モノの18禁作品って。
それに、避妊のことに言及している作品も多々あるため、むしろ高校生くらいの男女が好奇心でヤっちゃうのを防止する効果があるとも思っています。
鬼畜な作品だって、ある意味では反面教師――これは現実ではやっちゃいけないと思わせるいい材料になりそうですし。

しかし悲しいかな、そこまで踏み込んで18禁を読む人って、あんまりいないようです。
もう少し文を進めたら、だいぶきわどい内容になりそうなので、『More機能』を使って隠しておくことにしますが、とにかく18禁を読む人は『実用性重視』の人が多いようです。
『実用性重視』ということは、かなり過激な行為が描かれているものを好んで読むようになり、また、書く側もそれに合わせようと内容をどんどん過激にしていきます。
そして、結果として世に出てくる鬼畜・陵辱モノ。

18禁には純愛モノから入ったのに、気づいたらそういったダークなものを読んでいたって経験、ありません?
正直、ダークなものはけっこう心がささくれ立ちます。興奮はするのだけれど、基本、それ以上のものがあまり得られない。
でもまあ、そっち側に走っていってしまう傾向もわからなくはないのですよね。僕自身もそっち側に走ったことありますし、なにより純愛モノのエロって、突き詰めてしまえばやってることがどれも同じに感じられてしまいますから。
で、物足りなさを感じてダークなものを求め始める、と。

……さて、そろそろ18歳未満の方にはどぎつい内容になってきそうですので、ここらで一度区切るとします。
あ、でもその前にこれだけは言っておきたい。
僕は18禁作品を18歳未満の方のほかにも、女性の方にも読んでみてほしい、とも思っています。
なぜなら、純愛モノであれば、それは大抵の場合、ノーマルな範囲内で男性の願望がそのまま描かれているから。
ぶっちゃけ、男の内面(あるいは基本的な性癖)を理解したいと思ったら、18禁の純愛作品に触れてみるほうが、特定の一個人に相談を持ちかけるよりも確実だろうと思っています。
そうしてもらったほうが男性のほうも『わかってくれてる』と安心感を抱きますしね。あれです、BLを好きな女性が、その趣味がバレても一緒にいてくれる人に好感を抱くのと原理は多分一緒。18禁作品の内容を現実の行為でしてもらわなくても、『そういう趣味を持っててもいいと思う』と理解を示されるだけで安心できるものなんです。
……や、僕自身は交際経験とか皆無なんで、絶対とはいえないし、説得力もまるでないとは思いますが(笑)。

さて、ここから先は18歳未満お断り……というほどではないですが、ちょっとばかりきわどいゾーン。
個人的に当たりだった書籍などにリンクを張ったりもするので、そういうのに不快感を抱かれる方は回れ右をしてください。
……しかし、どんどん創作論からかけ離れていくなぁ。一応、最終的には『創作論』というカテゴリに相応しい内容になるはずなのに。



それで、ええと、なんの話でしたっけ。
……そうそう、ダークなものって具体的にどんなものって話です。
具体的には、あれですよね。痴漢とか陵辱とか催眠とか調教とか。
もちろん、ラブラブな調教モノもありますし、あれはあれでかなりニヤニヤできるものなのですが、それでもすべての題材が反社会的であることには変わりありません。非倫理的と言い換えてもいいかもしれませんね。
あと、陵辱モノではオプションで触手やモンスターがついてくるのはお約束。巫女と触手なんて、必ずといっていいほどセットになっています。ドラクエなどのファンタジーものもそうですね。……というか、『ファイアーエムブレム』のエロで和姦がまったくといっていいほど存在しないのはどうしてなんだよう(泣)。

さて、ちょっとばかり話は逸れましたが、どうして男性はダークな作品を求め始めると、そういう方面に突っ走ってしまうのでしょうか。ちょっとばかり女の子を困らせるような、『ちょいS』な作品があってもいいではないですか。
……すみません。話がまたしても逸れました。というか、今日は本当に脱線してばかりです(苦笑)。

で、ダークな作品に『もっと、もっと』と深入りしてしまう理由ですが、もちろん、リョナなどのジャンルが根っから大好き、という人もいるのでしょうが、僕が思うに、前述した『ダークなものに走ってしまう理由』と同様に、もっと過激なものを読みたくなってしまうからなのではないでしょうか。
ぶっちゃけてしまいますが、『女の子をいじめたい』というのは、多分、男性なら誰でも持っているであろう欲求だろうと思います。より正確に言うなら、『恥じらっている表情が見たい』か『困っておろおろしている姿を見たい』かのどちらかであって(ちなみに、僕は前者)、『苦痛を与えたい』と思っている男性は稀だと僕は思っているのですが。

ともあれ、そういう欲求が段々とエスカレートするにつれ、世にたくさん出ているキツい作品が必要とされるようになってしまったのでしょうね。……いや、これはちょっと違うような気もします。
最近出た物の傾向を見ていると、クリエイターのほうが『お前らはこういうのが見たいんだろう』とどぎつい作品を競い合うように出してきて(競い合っているため、当然、過激さはどんどん上がっていく)、一部の『そういうのが大好きな人種』の声を大きくさせている気がします。
実際、イラスト目的で手を伸ばしたものにどぎつい文章表現がされていて『ハズレを引いたなぁ』とドン引きしたことが僕には多々ありますし(キルタイムコミュニケーションから出ているものに多いです)、表紙がアレですから、人の目が気になって捨てることもできない、なんてことにもなっています。
もちろん、楽しめた作品もなくはなかったのですが、それはあくまでも、

1.女性が快感を感じていること(これが一番大事)
2.最後がハッピーエンドか、それに近い形で終わっていること(歪ながらも両思い、など)
3.イラストと文章のセンス(あえぎ声も含む)が一致している(一種の美しさ、調和がある)
4.キャラの性格がイラストと一致している。そしてそれが自分好みである

が満たされている場合だけで、それ以外の場合は『もうやめてあげて!』と思っていることがほとんどです。特に『ひぎぃ』系は本当にダメ。女性が痛がってるのはそれだけでアウトです。……まあ、俗におねえさん属性とも呼ばれる『淫乱な女性』や『女性が主導権を握るプレイ』も(和姦であっても)受けつけないのですけど。

だというのに、ついつい鬼畜・陵辱モノに手を伸ばしてしまう。今度こそ当たりを引けると信じて。……で、またしてもハズレを引いてしまう僕。ネット小説ならタダだからいいのですが、商業作品だとお金がかかるので、割とシャレにならないのですよね。
これはもう本当に困った『男のサガ』だとしか言いようがありません。ときどき自分で自分のことを『馬鹿な奴だな』と思うこともあるので、これはもう本当に『仕方のないこと』として割り切っています。
で、それを女性に受け入れてもらえると、男性は本当に安心できるわけなのですが、それはそれ。

余談ですが、商業作品よりもネット作品のほうが読みやすく、出来がいいと感じるのは僕だけでしょうか? 『小説家になろう』の『ノクターンノベルズ』にも良作がゴロゴロしていますし。
僕の解釈では作者が編集さんなどの介入なしに書いているため、『好き』とか『こういうことをしてみたい』という作者の欲求が、ストレートかつ過剰な過激さを伴わない形で文章化されているからだと思うのですが、実際は『お金を払ったか否か』で作品に対して求めるハードルが違ってきてしまっているからなのかも……?

さて、以上を踏まえて。
ちょっとばかり僕の好きな18禁作品の傾向をあげてみるとします。

1.立ち居地及びプレイ時の主導権は男性優位か男女同等
2.挿入前のスキンシップが多いほどいい(しかし女性優位のものは苦手。フェラとか。愛があって献身的ならいいと思うけど、興奮はしないし)
3.女性が快感を覚えている描写に興奮する……というより、満足を覚える(実際には勃起していない場合、多々あり)
4.あえぎ声は『ひらがな』かつ抑え気味が好み(カタカナが入ると途端に冷める)
5.半脱がし大好き
6.女性が何度も恥じらい、最後に激しく求めてくる描写が至高(恥じらいのない女性は受けつけない)
7.実際には求めているのに、口では『軽く嫌がっているフリ』をしているのも至高(ガチで嫌がっていたら引いてしまう)
8.同意(ほぼ同意、の場合もアリ)の上の行為の最中の玩具プレイもいいと思う
9.ぶっちゃけ、女性がちゃんと快感を感じていれば(後味もよければ)、強姦でもいいのでは、と思うこともある。あと焦らしプレイと言葉責め、いたずら的行為も(もちろん限度はあるけど)大好き

まとめますと、主人公が女性に快感を『与える』内容が好きで、恥じらいがある女性が好きで、最後には女性が恥じらいをかなぐり捨ててしまうくらい没頭する行為内容が好きということですね。
あと、ちょっとばかりS。しかし、ガチなSではないため、本気で相手が嫌がるとダメという……。
『好きな人としていることだけど、ちょっとその行為にはためらいがある』くらいがちょうどいいと思っています。
そういった意味では『オーガスト』作品はかなり好みに合いました(また純愛モノかよ)。まあ、ときどき主人公が度を越したSになって引くこともありましたけど。内気な女の子にはちゃんと優しくしてあげようぜ? とか思ったこともありましたけど。

しかし、ここでひとつ大きな(?)疑問が。
当然のことですが、僕は基本、主人公である男性に感情移入して読んでいるのですが(自己投影ではなく、あくまで感情移入。行為をしているのは主人公であって、自分は第三者にすぎません)、たまに、ごくたま~に女性のほうに感情移入しているのでは、と感じることがあります。
そして、痛いのはダメとか、過剰なのはダメとか、挿入前のスキンシップ大好きとかいった自分の性癖を振り返ってみますと、自分が女性に感情移入している可能性がものすごく高く感じられてしまうのです。『7』とか『9』の内容も、女性的なMの心理ともとれるわけですし。
よくSとMは表裏一体とききますが、果たして僕はどちらなのだろうかと(汗)。

そして、決定的なのが『Fate/stay night』の桜ルートでした。
公園での士郎の告白シーン。ここで僕は疑いようもなく桜に感情移入していたのです。だってだって『士郎格好いい!』とガチで思っていましたから。
どうも僕には、どちらかというと女性的な心理のほうが強く(夢見がちだったり、白馬の王子様願望を持っている風だったり、恋愛において遊びでつき合うことをよしとしなかったり)、また、桜同様に自罰的な傾向があるようでして、それが恐ろしいほどに桜の心情とシンクロしてしまったようなのです。

なにより、そもそも僕の中にはあまり女の子と『そういうこと』をしたいというガツガツした気持ちがないような……? 一緒にいられればそれで幸せ、みたいな価値観が確固たるものとしてあるような……?
もちろん実際に恋愛をしてみれば、男性の『獣性』とでも呼ぶべきものがひょっこり顔を出すのかもしれませんが。ほら、男はオオカミって言いますし。
あ、それともちろん異性への興味はありますよ? 『TOA』のガイ風に言うならば『女性は大好き』ですよ?
でも、一緒にいるという『精神的幸福』が『肉体的幸福』に敵うとはどうしても思えなくて……。

さて、内容が意図していた場所に戻ってきました。ようやくです。
僕は現在、

ぜったい遵守☆強制子作り許可証!!

をきっかけに、また純愛モノに戻ってきているのですが、正直、読み終えたあとの満足感というか幸福感がハンパないです。
一番最初にも書きましたが、ダークなものって興奮はすれどあとに残るものってそれほどなくて、こういう幸福感を得られることもまずないのですよね。いえ、もちろん小説を書く上で参考になる箇所は多々あるのですが、それが手に入れば心が満たされるのかといえば、そんなわけはなく。

結局は好みの問題になるのでしょうが、僕には一番、純愛モノが合っていました。この作品を読んでそれを再確認できました。
で、それからは純愛モノに狙いを絞って数冊ほどネットで購入したのですが、これが当たりを引く確率が高い高い。いままでは20分の1くらいだったのが3分の1くらいまでに上がりましたよ。

そんな中から、僕のお勧めの作品を数点紹介。

俺の彼女のウラオモテ (ぷちぱら文庫 63)
内容はありきたりでしたが、表紙と裏表紙が普通のラノベのものと大きく変わらず、とにかく買いやすい一冊でした。親の前で堂々と読める表紙&裏表紙って本当にありがたいです。

はじめてどうし (ぷちぱら文庫 62)
内容がどストライク! 表紙はかなりアレなのに、ものすごくいい感じの純愛モノでした。これといった波乱はないけれど、あるいは、だからこそリアルさを感じました。
18歳未満だけではなく、女性にも読んでみてほしいと思ったのは、なにげにこの本が初めてだったり。

はじめてどうし2 (ぷちぱら文庫 82)
表紙は『はじめてどうし』以上にきわどいのに、『ういういしー』度合いはこっちのほうが上。もはや『最高の一冊』レベルです。やはりこれといった波乱はありませんが、初めて付き合うことになったドキドキ感やもどかしさ、相手も同じことを考えてくれていたときの喜びなどの描写の仕方がとても丁寧で、ともすれば自己投影してしまいかねない一冊でしたよ。主人公の名前がリアルでの僕の名前と同じで、あだ名まで同じというのも大きかったのでしょうが。……しかし、これをゲームのほうでやったらマジで『恥ずか死』できるな(遠い目)。
それはともかく、これはマジでお勧めなのです。前作と合わせて、18歳未満や女性の方にも読んでみてほしいな、と思ってしまうレベル。

そして、とうとう思ってしまったのですね。

こういうの、書いてみたいな。

と。

しかしモノはファンタジーでも単純な学園ラブコメでも戦記モノでもありません。

18禁なのです。

はっきり言って、書き出すまでのハードルが高い高い。
普通のイチャラブさえ書くのをためらう人間が手を出すジャンルじゃねえだろ、と本気で思います。
でも、書いてみたいと思ってしまったんです。
書いて、満たされたいと思ってしまったんです。

そんなわけで、

『同居人は魔法使い』、18禁化決定です。

ボカすことなくやろうと思っておりますよ、ええ。
夜とかだけじゃなく、昼間にも行為の内容を色々と考えていたあたり、本の雰囲気に流されただけじゃないのがよくわかります。
もちろん、そういうのを書くのは初めてなので、ものすご~く拙い文章になるでしょうけど。
きっと、全然エロくなんてならないでしょうけど。

そもそも、女性を大事に扱おう、男女の微妙な心理に焦点を当てようなんて考えてる時点で、エロくなんてならないのですよね。上に挙げた作品だって、どれも『実用的ではない』という評価を受けていますし。
ニヤニヤできて、ドキドキできて、ほっこり幸せになれる作品。そんなものを、僕は目指してみようと思います。

一応、コンシューマー化みたいな形で『なろう』の表にも投稿する予定でいますが(もちろん18禁シーンはボカしたり飛ばしたりしながら)、ヒロインの魅力は絶対に18禁作品のほうが引き出せているはず。
いわば、これにおけるヒロインは『18禁用ヒロイン』なのです。『スペリオルシリーズ』のヒロインたちが『一般作品用ヒロイン』であったように。
なので、これもやはり『18禁作品でありながら、18歳未満や女性にこそ読んでほしい作品』になるのですよね。
あ、ちなみに本番行為は完結までに全部で五回を予定しております。プロット上はそうなっています。
段階を踏むことで表現できるヒロインの可愛さや、主人公たちの仲のよさというものがあると僕は思っていますので。

そんなわけで、僕は現在、『女性にも性欲はあるのか』などを初めとした情報をヤフー知恵袋などで集めております。
なんというか、リアルにやりたいんですよね。別に生々しい感情を書きたいわけじゃありませんが、ほら、18禁作品って、男の夢っていうか、都合のいい解釈が多いじゃないですか。初めてでもすぐに痛みはなくなる、みたいなの。BL読んでても『一体どこに挿入してるんだろう』って思うことがありますしね。多分、それと同じファンタジー。

そういったファンタジーを、僕はなるべく入れたくないのです。
現実にありそうなリアクションを、現実でもありそうと感じられるような描写で、けれど、そこにある『生々しさ』ではなく『可愛さ』や『愛おしさ』を前面に押し出して書きたいのです。
やれるかどうかはわかりませんが、一度くらいはチャレンジしてみてもいいんじゃないかなぁ、って。
まあ、そんなことを言っている僕は、女性経験はおろか、交際経験すら皆無の29歳――魔法使い一歩手前の人間なわけですけど。
でも、だからこそ描きだせる『ファンタジーなリアル』というものがあると思うのですよ。

そんなわけで、目標!

なに、このヒロイン! 可愛えぇー!!

と多くの人に思ってもらう!

僕の人生で初の18禁作品となりますが、これがいまの僕のやりたいことのようですので、投稿した際には読んでいただけるとすごく嬉しいです。まあ、同時にすごく恥ずかしくもあるでしょうけどね(苦笑)。
そして、もしも『エロい』とか『抜ける』とか言われた場合は……どうなんでしょうね、嬉しいような、そうでもないような、もしかしたらとても複雑な気分になるのかも(笑)。

……さあ、ここまで赤裸々に語って、宣言もした以上、もう逃げられないぞ~! と自らを崖っぷちに追い込む僕なのでした。今回、この記事を書いたのはすべてこのためといっても過言ではなかったり(笑)。
それでは、ここまで長々とおつき合いいただき、ありがとうございました。
[PR]
by ru-raa | 2013-03-18 19:38 | 創作論
<< またチャット会とかしたいなぁ、... 『なろう』で終了、『ザ・スペリ... >>