33歳になりました。最近は『小説家になろう』や『ハーメルン』、ツイッターくらいでしか活動できていませんね(滝汗)。
by ru-raa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
僕の小説に関するリンク
メールアドレス

e5963☆ae.auone-net.jp

送る際には、『☆』の部分を『@』に変えてください。

僕の小説があるサイト

葵せきな先生のファンサイト
ハイツ『リドル』2号館

みんなで作る小説サイト
ルーラーの館

るっぴぃさんのサイト
すき焼のにぢる

篠崎伊織さんのサイト
不思議の国のお祭り事情

『同居人は魔法使い』連載中!
小説家になろう


ミクシィ

現在の主な活動拠点
Twitter

カテゴリ
全体
初めてここへ来た方へ
雑記
小説
創作:ドラクエⅢ二次
創作:座談会
創作:詩
創作:単発物
創作:衝動
創作論
ネタ
バトンなど
感想
彩桜
ホームページ
チャット
アリアンロッド・リプレイ
音楽
イベント
宣伝
ゲーム
人気投票
アクセス解析
未分類
フォロー中のブログ
栄養の無いサプリメント
本当の青い空
細やかな音色を啓してみよう
2000円
金属帝国 ヴェルフェ
ビオラの調べは
水増せ!明るい家族計画!?
BE THERE
現実仮想
特命からくり士Cina
原石のサイコロ
LET‘S GO TO ...
もで~ん
クランポン
イチブイ
リメンの商人の残業
ひだまりへの道。
雪解けのひだまりを。
雪の降る、晴天の花園
空っぽの宝箱
情熱大……楽 (インター...
ごった煮のにぢる
宮澤英夫活用研究
くおんたんの多分華麗なる...
そっちは右です。
朧月希のカレッジアドベンチャー
鳴らないギター
Downtown La ...
にゃーの英会話教室
にゃーの裏話部屋
零れた宝石
黒き隼は何を想う
なぜかはじめたラノベの感...
鹿児島の今日は晴れ。
ファン
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
嵐 コンサート チケット
from 嵐 コンサート チケット
嵐 コンサート チケット
from 嵐 コンサート チケット
テイルズオブシンフォニア..
from テイルズオブシンフォニア ラ..
CDジャケット作成.COM
from CDジャケット作成.COM
激安ノートパソコン、通販..
from 激安ノートパソコン、通販
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『車輪の国~』購入、二章まで終了

PSP版『車輪の国、向日葵の少女』、発売日に買いました。
で、タイトルにあるとおり、二章(さちとまなのエピソード)が終了するところまでやったのですが……。
う~ん、なんでしょう、このモヤモヤは。
正直、『名作』という『世間的な評価』を知らずにプレイするべきだったかも。
や、それは無理か。『名作』という評価があったからこそ、買ってみたわけなのですし。

とりあえず、端的に言ってつまらなくはありません。
良くも悪くもキャラクターは感情豊かであり、場面場面で非常に強い輝きを見せてくれます。
amazonなどのレビューでは『ヒロインにイライラするかも』みたいなことが書いてもありましたが、そういうことは全然ありませんでした。
なんというか、追い詰められて心が荒んでいれば、さちじゃなくても態度に出てしまいますよ。周囲の人間をイラッとさせるような言動をしてしまいますよ。心にもないことだって、ついつい言ってしまいますよ。
だから、そこはむしろライターさんに『キャラをよく描けてるな』と好印象を抱けました。

問題なのは、日常パートとか、読み手のことをあまり考えていないシナリオ構成とか、そういったところ。
(主に、この作品が好きな人に対して)少々申し訳ないとも思うのですが、今回のレビューはそういったところへの苦言がメインになってしまいそうです。
あ、ネタバレを伴う箇所に対しての言及は『続きを読む』以降としますのでお安心を。

まずは何気ない日常パートの会話。
これが正直、自分には合いませんでした。
というのも、ちょっと下ネタ、パロネタ、死にネタが多いんです。いえ、ちょっと多いどころか、『何気ない会話』はそれのみで埋め尽くされているような気さえ……。
主人公の『独り言』は、それそのものが重要な伏線だとも聞いていますし、『クセのある主人公だな~』で済ませられるんですけど、この日常会話における下ネタ、パロネタ、死にネタの量は、ちょっと……。

『ありがたまきん』を代表とした下ネタの数々(こういった一発ギャグ系の下ネタはそこまで多くはないですが)は『くだらな~……』みたいな気分になりますし(これはコロコロコミックとかを読んでいた小学生時代によく感じていました)、パロネタはわかればちょっとだけクスッとできるものの、わからなかったら完全に置いてけぼり。
死にネタに至っては……そもそも僕が嫌うネタなので、灯花の萌えゼリフ(であるらしい)『ぶっこおすぞ(テキスト上では『ぶっ殺すぞ』)』にすら、拒否反応を起こす始末……。

あと、細かいことですが『完全超人』や『固定概念』にも違和感。
僕は『完璧超人』、『固定観念』のほうで使っているので。

ここまでのことはあくまでおまけというか、本筋ではない『息抜きパート』なのでそこまで言わなくても、と思われるかもしれませんが、どっこい。
本筋であるシリアスパートがね、長いんですよ。途切れないんですよ。
いい話もあるのですが、長くて長くて、正直、ちょっとストレス溜まりました。だって、発散できる箇所が用意されてないんですもん。
一番『息抜き』できる日常パートは、前述したとおりでしたし……。

あと、これが一番のマイナスポイントだったのですが。
ライターさん、いくらなんでも『書き手の意図』を隠すの、下手すぎるでしょう。
ええ、第二章までしかやっていないにも関わらず、名場面は多かったんですよ。主人公が、ヒロインが、あるいはサブヒロインが、強い輝きを見せてくれるシーンは本当に多いんですよ。
というか、ぶっちゃけシリアスパートはほぼすべて名場面。

しかし、言うのが二度目になりますが、ここまで名場面を連続させられると、さすがに息が詰まってきます。『ちょっと休ませて』ってなってしまいます。短いながらも合間に挿入されている『何気ない会話』は、『合わない』というのもあるものの、それ以上に、状況がまだなにひとつ解決していないせいで、全然息抜きになりませんし。
これは、たとえるなら、『ボス戦しか用意されていないRPG』みたいな感じでしょうか。気分的には。レベル上げなどの『自由行動』が一切存在しない感じ。

さて、物語を作るというのは、『シーン』という点と点を線で結んでいくという行為に他なりません。
この人の作る『シーン』は八割方『名シーン』となっているので、必然的に『名シーン』との落差を感じさせない、『日常パート』におけるキャラの言動――線の引き方が必要とされます。でないと、『日常パート』と『名シーン』でのキャラクターが別人のように感じられてしまいます。

そして、端的に言って。
さちとまなは別人に感じてしまいました。特にさちのほう。
もちろん、そういう作品は世の中に多々あるので、『力量不足だなぁ』くらいにしか思わなかったのですが、しかし、『日常パート』と『名シーン』におけるヒロインの持つ輝きにあまりにも差があったため、『書き手の意図』が隠しきれておらず(というか、隠す気がないのでは……?)、結果、『名シーン』では『ここで泣け!』と言われているようで、なんというか、逆に醒めてしまいました。
そこが、一番残念なところでした。
場面の演出がとても上手いからこそ、そこが気になって仕方がなかったのです。

さて、ここからは二章の内容に踏み込みますので、『More機能』を使うとします。



二章は洞窟探検の話からスタート。
そのシチュエーションのおかげで緊張感はあるものの、先が気になるかと問われると微妙なところでした。なんというか、初っ端から蛇足に感じられてしまって。シナリオ展開としてやるべきことは他にあるだろう、と思ってしまったんですよね。
もちろん、ダイヤモンドを発見し、それを換金したお金でまなを救う、という流れは上手いと思いましたが。

ただ、洞窟内で立て続けにシリアスなシーンをやるのは勘弁してほしかったです。少なくとも、さちの救出イベントがあったんですから、そのあとやったさちの過去語りは後日に回してほしかった。
もうひとつ苦言を呈するなら、帰ってきてからの『一緒にお風呂』には『CERO! ちゃんと仕事しろ!』と何度思ったことか。直接的な描写がなくても、さすがにこれはないです。
イベントCGだけでなく、セリフのほうももうちょっとカットしてほしかった……。
もっと言うなら、このイベントそのものを変更してほしかったです。だって、選択肢まで出る重要な会話ではあるものの、同じ会話は室内で傷の手当てをしながらでもできましたよね? 一緒にお風呂に入らなきゃできない会話じゃありませんでしたよね!?
なんというか、洞窟でのさち救出の余韻がふっとんでしまいましたよ……。

次に起こったのはまなの強制的な帰国問題。
正直、換金したお金を自分のために使うのでは、と読み手をハラハラさせるテクニックは上手いと思いました。
でも、よくよく考えてみると、直前までのさちの言動と札束をぶちまけたシーンのさちが、心情的に繋がらないことに気づきました。
確かに意表は衝かれたけれど、そこに至るまでのさちの言動が『自分のためにお金を使ってしまいそうになるんだろうな』と思わせるのに充分なものだったからこそ意表を衝かれただけ。
思ったことがすぐ顔に出るタイプだというのなら、この名シーンにおけるさちの行動は、札束をぶちまける前のさちの行動とまったく一致していません。これはフィクションにおける大きなタブー。
そういったタブーが犯されていたからこそ、この展開を読めませんでした。てっきり、賢一の説得でようやく正気に戻る、みたいな展開になるだろうと思っていたんですよね。

そのあとの展開は……その、なんというか、絵と小説という違いこそあれ、僕も『書かなきゃ』と常々思っていながらも書けずにいる人間なので、どちらかというとさちのほうに感情移入していました。

要するにですね。『やらなきゃ』だけじゃ、創作ってできないんですよ。
周囲の人間にヒントをもらえることはあっても。
周りの人たちに頑張らないとって奮起させてもらえることはあっても。
実際に完成させるには、自分の意志力と『楽しむ気持ち』がなければできないんですよ。
機械的には、できないんですよ。

それが『怠惰』なんだ、という人はいるでしょう。
でも、できないときはできないんですよ。
『できない』という現実だけが真実なんですよ。
根性だけでできてしまうのだったら、最後の最後にキャンバスに向かうことのできたさちは、ずっとずっと怠けていただけのダメ人間になってしまいますよ。
苦悩してるフリをしていただけのダメ人間になってしまいますよ。
正直、そこに感動できる余地はないと思います。
必死に頑張って、目を逸らしたくても逸らしきれずに頑張って、ときには全力で逃げようとして。
描く気になる瞬間まで、描く気持ちを持ち続けていたからこそ、感動できるんです。

正直、このシナリオは『絵を描く』ことにこだわりすぎた気がします。
大切な人がいなくなると知っても、それだけの理由で完成させることはできない。僕は創作活動をそういう風にとらえています。……いやまあ、事実、最終的に絵は完成しなかったわけですけども。
そして、結果的にはそれがまなとの別れに繋がっていくわけですけども。

ともあれ、僕は『できないものはできない』と言うさちのほうに共感してしまい、賢一とまなの行動が的外れなものに感じられてしまいました。さちを更生させるなら、波の激しい創作活動ではなく、もっと機械的な作業をさせたほうがいいのでは、と。また、余計なお世話という風にも。
そして、そう思いながらプレイしていたせいで感動できなかったのでは、とも思います。
もちろん、結果的には『絵を描く時間が足りない』→『時間の大切さを知る』という構図になったので、納得はできているんですけどね。
なので、これはあくまで僕の『物語の途中』における心境――物語に対する感情移入度の問題。

そうそう、情に訴えかけられると弱いということもあり、途中の選択肢で一度、『今回だけはさちを助ける』を選んでバッドエンドも見たりもしてしまいましたよ。
……もちろん『ストーリーの展開上、十中八九バッドエンドになるだろうな、でもこのままストーリーが続いてくれたらいいな』と願いながら選んだわけですけども。

個人的にもっとも感動できたシーンは、まなが自分の意思でさちの元から去っていった場面でした。
涙をこらえて笑顔で、みたいな描写には本当に弱いです。
まあ、まなの心の中はかなりブラックボックスだったので(さちとの対比だとしても、心が真っ白すぎ)、共感がまったくできなかったのが残念ではありましたが。

ラストの伏線回収は、ただただ驚きました。
ええ、心の底から『そうきたか!』と感心しました。
賢一は途中、さちの『一日12時間』を10時間、8時間と減らしていましたが、まさか最後に減らした分の時間を補填に使うとは!
これって、さちから『時間を延ばして』って言っちゃダメだったんでしょうね。あくまで賢一が独断でやらなければ成り立たないことだった、と。
違法すれすれの手段ではありましたが、終わりよければすべてよし、という風に見逃してくれたとっつぁんも好印象。……や、バッドエンドでは賢一を殺しにかかってきましたが(汗)。

ただ、それだけに最後、絵が完成しなかったのが個人的には不満でした。
こう、いままでの苦労が報われるべきシーン、ストレスがようやく発散できるはずのシーンで、まさかまさかのどんでん返し。
これに関しては、本当、声を大にして言いたいです。

なんでも意表を衝けばいいと思うなよ!

と。

僕はてっきり、相手側が金額を釣り上げてきたとかで、それをなんとか解決して一緒に暮らせるようにする、みたいな展開を望んでいたんだけどなぁ……。
まあ、あの環境のままでは、まなの人生もいずれ破綻していたでしょうし、さちも再びまなに依存してしまいそうだったので、これで正しいといえば正しいのかもしれませんが……。
それに『またまなと暮らせるようになるために頑張る』という目的がさちには必要だったんでしょうしね。
でも、『ほれ、泣き所をもう一箇所作ってやったぞ』とライターさんに言われてるようで、なんだかとっても気に食わなかったです。

そしてなにより。
ここで『点と点を線で結ぶのが下手』と感じたのですが。
スタッフロールが流れたエピローグ後、机をダンと叩いて賢一がとっつぁんに抗議。
曰く、まなの強制帰国の一件は裏でとっつぁんが仕組んでいたに違いない。結果的に上手くいこうと、さちとまなの人生をなんだと思っているんだ。

冷たい物言いかもしれませんが、正直、何を言っているんだお前は、と僕は思ってしまいました。
終わりよければすべてよし、の方法はとっつぁんだけがとったものではありません。賢一だってやってます。
なのに、自分のことは棚に上げてとっつぁんを責めるって……。
そりゃ、情に欠ける手段ではありましたし、もうちょっと言い方はないものかな、くらいには思いました。でもとっつぁんは、これといって間違ったことはしていないような……。

前後の事さえ考えなければ、名シーンなんですけどね、ここも。
『社会』の代理人のような存在に逆らう、格好いいシーンなんでしょうけどね。
でも賢一がやったことと、それを結果的にとっつぁんが見逃してくれたことも合わせて考えると、なんだかなぁって思ってしまいます……。

そもそも、『物語』としての観点から見るならば、『さちとまなの人生』は(夏咲と灯花の人生もですが)主人公である賢一を成長させるためのもの、なんですよね。とっつぁんの存在だってまた同じ。

話は変わりますが、個人的に現在一番好きなキャラは璃々子。主にドSに目覚める前の。
ボケツッコミな感じで賢一とのやりとりがすごく面白かったです。
ドSに覚醒してからは、まあ、色々とアレになってしまいますけど(苦笑)。
あれですよね、愛の押し付け?

……ああ、もしかしたら『車輪~』の二章で感動できなかったのって、まなの行動が愛を『与える』のではなく『押し付けてる』ように思えてしまったからなのかも。
こう、愛ではなくエゴで動いているように思えてしまった、というか。

評判を聞いた限りでは、二章が泣きゲーとしては一番レベル高いらしいんですよね。
このゲームを買ったのが『期待はずれ』にならなければいいのですけど……。
それでは。
[PR]
by ru-raa | 2012-02-27 18:16 | ゲーム
<< 『車輪の国、向日葵の少女』第三... 雪 >>