33歳になりました。最近は『小説家になろう』や『ハーメルン』、ツイッターくらいでしか活動できていませんね(滝汗)。
by ru-raa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
僕の小説に関するリンク
メールアドレス

e5963☆ae.auone-net.jp

送る際には、『☆』の部分を『@』に変えてください。

僕の小説があるサイト

葵せきな先生のファンサイト
ハイツ『リドル』2号館

みんなで作る小説サイト
ルーラーの館

るっぴぃさんのサイト
すき焼のにぢる

篠崎伊織さんのサイト
不思議の国のお祭り事情

『同居人は魔法使い』連載中!
小説家になろう


ミクシィ

現在の主な活動拠点
Twitter

カテゴリ
全体
初めてここへ来た方へ
雑記
小説
創作:ドラクエⅢ二次
創作:座談会
創作:詩
創作:単発物
創作:衝動
創作論
ネタ
バトンなど
感想
彩桜
ホームページ
チャット
アリアンロッド・リプレイ
音楽
イベント
宣伝
ゲーム
人気投票
アクセス解析
未分類
フォロー中のブログ
栄養の無いサプリメント
本当の青い空
細やかな音色を啓してみよう
2000円
金属帝国 ヴェルフェ
ビオラの調べは
水増せ!明るい家族計画!?
BE THERE
現実仮想
特命からくり士Cina
原石のサイコロ
LET‘S GO TO ...
もで~ん
クランポン
イチブイ
リメンの商人の残業
ひだまりへの道。
雪解けのひだまりを。
雪の降る、晴天の花園
空っぽの宝箱
情熱大……楽 (インター...
ごった煮のにぢる
宮澤英夫活用研究
くおんたんの多分華麗なる...
そっちは右です。
朧月希のカレッジアドベンチャー
鳴らないギター
Downtown La ...
にゃーの英会話教室
にゃーの裏話部屋
零れた宝石
黒き隼は何を想う
なぜかはじめたラノベの感...
鹿児島の今日は晴れ。
ファン
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venussome.com
from venussome.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
嵐 コンサート チケット
from 嵐 コンサート チケット
嵐 コンサート チケット
from 嵐 コンサート チケット
テイルズオブシンフォニア..
from テイルズオブシンフォニア ラ..
CDジャケット作成.COM
from CDジャケット作成.COM
激安ノートパソコン、通販..
from 激安ノートパソコン、通販
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


EXTRAの両儀式、強すぎ……!

タイトルの通り、『Fate/EXTRA』でついに両儀式と戦いました。戦闘時の背景はなぜかビルの屋上(『空の境界』の第一章『俯瞰風景』で出てきたところっぽい?)。
しかし、強かった。マジで式は強かった……。
ちなみに、こちらのレベルは40で、味方サーヴァント――アーチャーの能力ランクは、筋力B 耐久B 敏捷D 魔力C 幸運Dで、HPが2419、MPが370だったのですが。

そんな低レベル(?)で挑んだ第一ラウンド。

僕「とりあえず、一手目にスキルを使ってくるみたいだから、スタンさせてこっちの宝具発動準備をしようっと。アーチャー、投影精度の上昇、よろしくね~」

アーチャー(以下ア)「承知!」

僕「今回は相手の力量を量るのが目的だから。負けてもいいから」(←負けたら、即『死』の聖杯戦争に参加しているマスターとしては、かなりの問題発言)

僕「んじゃ早速。それっ、コードスキル!」

式「くっ……!」(しかしスタンはしない)

式「楽しめ……! 双(かさ)ね鐘楼(しょうろう)……!」

ア「ぐぅ……!? マスター、すまない」(バタリ)

僕「……………………あれ?」(アーチャーの残りHP確認。すでに0になっている)

式「なんだ、あっけない」

僕「そうですね、はい。すみません。お邪魔しました……」

次の対策を考えながらセーブデータをロードする僕。や、だってアーチャーが動くこともできなかったなんて……。



そんなわけで、納得いかずに第二ラウンド。

僕「破邪刀(相手の行動がなんであれスタンさせられるが、成功確率はそこそこ)で挑んだのがいけなかったんですよね。そんなわけで、今回は守り刀(相手がスキルを使ってきた場合にのみスタンさせる。高確率で成功する)を使うことにしました!」

二ラウンド目にして、式さん相手にすでに丁寧語な僕。

僕「それっ!」

式「くっ……!」(スタンする式)

僕「よし、効いた! アーチャー、いまのうちに精度を上げろ!」

ア「トレース、オン!」(投影精度が一、上昇。戦闘開始時は一で、五まで上げたのち、もう一段階上げると宝具『無限の剣製(アンリミテッド・ブレイドワークス)』を発動させることが可能になる)

しかし、順調にいったのは一手目のみ。そのあとは……

式「ハッ!」

僕「嘘! ダメージ1000越え!? やめてやめてやめて! たったの一撃でアーチャーのHPを半分も持っていかないで!」

ア「ふっ。……浅はかだな」(相手の攻撃をガード、即座に反撃)

僕「いやいやいやいや! 浅はかとか言ってる場合じゃないから! いまのガードでHP、半分を切ったから!」

式「こじ開ける……!」

僕「またダメージ1000越え!? ってことは……」

ア「マスター、すまない」(バタリ)

僕「やっぱりぃぃぃぃっ!!」

式「なんだ、あっけない」

僕「ですよね! せめて一ターンくらい凌ぎきれなきゃ駄目ですよね、このレベルでも!」

再びのロード。相手の通常攻撃の威力はわかったものの、ちょっと活路が見いだせないまま、それでもレベル上げの時間が惜しくて第三ラウンドに突入。

僕「……うん、さっきと同じ戦法でいこう。大丈夫、スタンはしたんだし。とりあえず、一ターンは凌ぎきろう。……そんなわけで、コードキャスト『スキルスタン』!」

式「……っ」

僕「スタンしないぃぃぃっ!? 悪夢だ、これ!!」

式「楽しめ……! 双ね鐘楼……!」

 スタン戦法が失敗したときの保険として、アーチャーに防御をさせておいた僕。

僕「でもダメージ1500くらいは食らうんですね!?」

 そのあと、二回ほどこっちの攻撃が当たりはしたものの、

式「こじ開ける……!」(当然、ダメージ1000越え)

ア「マスター、すまない」(バタリ)

僕「やっぱりこうなったかぁぁぁぁっ!!」

 またも式にあっけないと言われる僕。しかし三回戦ってみて、おぼろげながら相手の行動パターンがわかってきたような……? それに、攻撃力が異常に高いというのなら……。

 ロードして、ちょっと装備を変更してみる僕。スタン戦法は完全に諦めて、素直にアーチャーのMPを回復させる礼装を装備。

僕「今度こそは一ターン、耐え切ってみせる!」(←この目標からして、もう式には負けたようなもの)

 まずはセオリー通り(?)、式のスキル『双ね鐘楼』をガードしてやりすごし、直後にアーチャーのHPを『赤原礼装』のコードキャストで回復。
 そして、相手がガードしてくるのがわかっていた手で投影精度を一、上げて。

僕「よし、ここでロード中に考えていた戦法を実行に移す! MPの温存は考えずに――矢を撃っちゃえ! アーチャー!」

ア「(相手の筋力を下げる)フルンディング!」

 一発目では下がらず。ほら、アーチャーは幸運が上がりにくくて、ランクDまで上げてからは放置しちゃったから……。

 ――でも、下手な鉄砲数撃ちゃあたるってね!

ア「フルンディング!」

僕「よし、下がった!」

 しかし、このターン、残るニ手も『(筋力を下げる)フルンディング』を選んでいたため、ある意味では無駄撃ちに。

僕「でも、それでもいい! 一ターン凌げて、しかもターン終了時、アーチャーのHPは満タンだ! ――『矢を撃って式の動きを牽制&能力を弱体化させる』作戦、大成功! これで二回攻撃を食らっただけでやられるなんてことにはならないはず!」

式「まるでつまらない。出直してこいよ、おまえら」

いまだHPの九割以上が残っている式からはそんなことを言われたけど、それは無視。これまでは、それすらも聞けずに負けてたんだし。

 二ターン目の開始では、まずコードキャストでアーチャーのMPを回復。それだけでなく、今度は相手の耐久を下げる効果を持つ『フルンディング』を三手連続で使用。

僕「よし、狙い通り式の耐久も下げられた! さあ、ここからは直接の斬り合いだ! ふんばれ、アーチャー!」

 まあ、弓兵に斬り合いを頼むなんて、本当はおかしいのだけれど、そもそもこのアーチャーからして干将・莫耶(かんしょう ばくや)での近接戦闘を主としてるからなぁ。

 そこからは、相手のガードに合わせて投影精度を上げたりと、そこそこいい勝負をしていたのだけれど、四ターン目、

式「じゃ、その武器からしとめるか」

 と式の『直視の魔眼』を食らって、こちらの『ATTACK』が殺され(使えなくなっ)てからは戦況が一変。耐久はともかく、筋力が回復していたこともあって、案の定、式の攻撃(主に『BREAK』)二回で……

ア「マスター、すまない」(バタリ)

僕「あー、駄目だったか……。そこそこいい線いってたのに……。いやまあ、式のHPはまだ七割以上残ってたけど……」

 ともあれ、またしてもロード。式に状態異常から回復されたら終わりと判断し、(状態異常になってから三ターンで回復するので)筋力を下げてからニターンたったら、絶対に筋力を下げる『フルンディング』を再度使用することを心に決める。

 そして、レベル上げなんてまったくせずに迎えた第五ラウンド。

 式の行動パターンなども大体つかめてきて、対策もだいぶ練れてきて。
 『直視の魔眼』による攻撃は、見えているときは必ず『熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)』(その手で受ける攻撃を無効化。しかし精度が五じゃないと発動しない)で無力化し。

ア「無限の剣製(アンリミテッド・ブレイドワークス)!」

 式のHPが残り半分になったところで、ちょっと時期尚早かなと思いながらも、宝具発動! ……そもそもレベル40で式に挑むこと自体が、時期尚早なんだし。

そんなわけで、そこからは。

僕「エリクサー!」(アーチャーのHPとMPを完全回復させることのできるアイテム。とても貴重。この段階で五個しか持ってなかった。いや、もうマスターMPも尽きていたから……)

ア「カラドボルグ!(アーチャーの最強スキル) カラドボルグ! カラドボルグ! カラドボルグ! (式が『直視の魔眼』を使ってきて)ロー……アイアス!」

式「このぉ……!」

ア「カラドボルグカラドボルグカラドボルグ僕「エリクサー!」カラドボルグカラドボルグカラドボルグ!

式「生きてる感じがする……いいじゃないか、おまえら!」

ア「カラドボルグカラドボルグカラドボルグ僕「エリクサー!」カラドボルグカラドボルグカラドボルグ!

式「驚いたな……やるもんだ」(バタリ)

僕「勝った……! メチャクチャ手ごわかった!」

 しかし、式を倒してから思ったのですが。

 宝具を発動させてからは、本当、ミもフタもないことやってましたね!(笑)

ともあれ、まさか勝てるとは思っていなかった激闘を終え。……あとは残り二個になってしまったエリクサーをドロップするモンスターを狩って、ラスボスを倒しにいこうと思います。

そして、その次は三週目ですね。選ぶサーヴァントは言うまでもなくキャスターです。
それでは。
[PR]
by ru-raa | 2010-09-22 16:41 | ゲーム
<< 『Fate/EXTRA』 三週... サントラ『夜明け前より瑠璃色な』 >>